初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

安さを追求しすぎた保険トラブル

      2014/06/07

保険は非常に長く付き合う必要がある商品であり、場合によっては人生の中で家の次に高い買い物ともなる高額商品です。

月単位、年単位でみればそれほど大きな金額ではなくても、それが10年20年と続いていけばかなりの金額となります。さらには自分一人だったはずの保険料が、配偶者の分が追加になり、子どものための保険料も追加になりと、最終的には一家全員の分の保険となっていきます。そうなると、単純に数倍の保険料が家計に降りかかってくることとなります。

高額所得の家庭ならまだしも、一般的な所得の家庭であれば、どうしても保険料が生活費に影響を及ぼしてくることもあるでしょう。

それを避けるためには、やはりどうしても保険料は格安で抑えたいところ。色々な工夫をして、保険の相見積もりをとるなどして、最低ラインの保険料にしてギリギリまで保険料を下げる努力をした結果、納得のいく保険料になることもあると思います。

事実そうした見直しは必要であり大切なことなので、是非とも定期的な保険の見直しは実施していく方が賢くもあると思われます。

ただ、そうやって保険をギリギリのところまで削っていくことにより、実際は必要不可欠だったはずの保険まで削ってしまい、本当に保険金が必要な事態に陥った時に保険金が下りなかったり、そもそも大切な部分に保険がかかっていなかったりという事態になることもあります。それが最も怖い保険トラブルのケースかもしれません。

万が一の場合に保険金がもらえなければ、結局何のために保険をかけていたのかわからなくなってしまいます。

もちろん公的医療保険も、特にサラリーマンの家庭であればかなり充実しています。それでも公的な医療保険は自己負担が増えていく方向に進んでいますし、今後それが劇的に減って国が今以上に大きな金額を負担してくれるというケースは考えにくいとも思われるからこそ、民間の保険の必要性はさらに増していく可能性も高いと思われます。

そんな時に備える保険であるからこそ、必要以上に加入するのは確かに無駄ですが、必要なところまで削って、何のための保険なのかわからなくなるという事態だけは避けたいところです。

保険に加入するからには、万が一の事態が発生した時にはしっかり保障してもらわなければ、保険の意味がまったくなくなってしまいます。

かけすぎず、削りすぎないという絶妙なバランスは非常に難しく、各個人各家庭によっても必要保障額はそれぞれ違いますので、一概にどれが正解とは言えませんが、だからこそしっかり考え、選択していく必要があります。

プロに相談するのもいいでしょう。しかし最後は、色々なケースを考えた末に自分で最良の保険を選択していきたいところです。

 - 保険あれこれコラム