初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

公的保障を知らなかったがための保険トラブル

      2014/06/07

民間の保険に加入する前に必ず確認する必要があるのが公的保障です。つまり健康保険だったり国民健康保険、国民年金や厚生年金などのことを指します。

仕事をしていれば公的保障は切っても切れないもの。サラリーマンであれば自動的に健康保険や厚生年金には加入することになりますし、自営業でも国民健康保険には自分で加入してるケースがほとんどでしょう。

ただそれでも、職種など状況によて個々人が置かれた保障内容は異なりますので、万が一の際、公的保障で一体どこまでまかなうことができるのかという確認は必ず必要となります。

そもそも民間の保険は、その公的保障で足りない部分を補うために加入するのが本当の保険の活用の仕方。公的保障で保障されているのに保険に加入して保険料を支払うのは、それこそ無駄な出費です。逆に保障がまったくない状態で保険にも加入しなければ、万が一の事態にまったく備えることができません。

だからこそ、自分の置かれた状況を把握した上で保険は検討していく必要があります。

この前提条件が崩れると、大きなトラブルに発展しないとも限りません。

公的保障では補えないこの部分は保険でカバーするはずだったのに、条件を満たさなけば保険金はもらえなかった、というケースなどはいくらでもあります。

何より痛いのは、保険に加入していたにも関わらず保険金がもらえなかった、というケースだと思います。保険には加入しているけれど、どういうときに保険金が出るどういう保険なのかはイマイチ理解できていない、という人が多いのもまた事実であり、そうした人は危険信号です。

すぐに保険の約款などを見直し、いつどういう状況の時に保険金が支払われる保険なのか、解約時の返戻金はあるのかないのか、掛け捨ての定期なのか終身なのか、保険をかけている部分は公的保障で十分足りている部分ではないのか、逆に足りない部分はないのか、確認しておきましょう。

保険は決して安いものではありません。だからこそ、無駄に保険料を支払うことがないようにしたいものです。

 - 保険あれこれコラム