初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

解約返戻金がない定期保険の捉え方

      2014/06/07

保険において、やはり誰しもが気にする点の一つはまずは保険料です。生命保険は万が一の際に受け取ることができる保険金が非常に大きくなる反面、月々の支払いを長期に渡って継続していく必要があるため、支払総額としてはかなりの金額となります。

だからこそ、月々の保険料は極力安く抑えたいと考えるのは当然です。

そしてその次に気になる点が、支払った保険料が解約時に戻ってくるかどうか、つまり解約返戻金があるかどうかというところです。

やはりせっかく支払った保険料、少しでも戻ってくる分があるにこしたことはありません。これが終身保険であれば、基本的に支払た保険料のうちのある程度の金額ははいつか戻ってくるため、損をしない気分になれます。しかし基本的に定期保険には返戻金はありません。

解約した場合も満期になった場合も返戻金がない、つまり「掛け捨て」ということです。

定期保険は、その保険期間内に被保険者がずっと健康だった場合、支払った保険料はそのままなくなってしまい、戻ってくることはありません。

保険の内容によっては、若干の返戻金がある場合もありますが、それでも微々たるものであり、ほとんどないのと変わりません。

そう考えると、定期保険には入るべきではない、必ず戻ってくる終身保険一択だ、と思われるかもしれません。

しかし、それは定期保険の間違った考え方です。

定期保険は、解約返戻金がなく期間もある一定期間であり、一生涯保障されるものではありません。しかしその分、終身保険よりも格安の保険料と万が一の際にもらえる保険金が非常に大きいというメリットがあるのです。

そしてこの点こそが、定期保険最大の活用意義です。

つまり、人生において一家の大黒柱に何かあった場合、どうしても大きな金額が必要になるタイミングがあるわけです。それは子育て中の妻が再び働けるようになるまでだったり、子供が成人するまでの間だったりそれぞれですが、そういう特定の時期に特定の金額を受け取ることが出来るよう設定できるのが定期保険です。

終身保険では、保険金額少なすぎて、万が一の家族への保障としては心許ない金額となります。終身保険で定期保険並みの保険金が出るようにしようとすると、毎月の保険料は考えられないくらい高額になります。だからこそ、期間限定での大きな保障を得ることが出来る定期保険の存在意義があるわけです。

さらに、万が一の際に受け取ることが出来る保険金も、年齢を重ねていけば必要なくなっていきます。

子育てが終わって子どもが独立したり、妻も働けるようになったり、色々なタイミングがあると思いますが、基本的に年齢を重ねれば重ねるほど、必要保障額は下がっていくものです。

そうなると、定年を迎えるような時期に、それほど大きな保険金が必要なのか、ということです。

基本的に老後の生活資金については、年金や貯蓄でまかなうのが一般的で、それほど大きな保険金がなくともどうにかなります。

定年後の保険は、医療保険や葬式代程度の終身保険で十分と思われるわけです。

だからこそ、定期保険が一生涯続かなくても、特に問題はないという考え方です。

定期保険は万が一に備えるボディガードであり、ボディガードを雇うのに費用がかかるわけです。ボディガードを雇っている間に何もなかったからといって、給料を返せ、とは言わないのと同じように、定期保険の保険料を後から返せ、というのは筋違いということです。

そう考えると、定期保険の捉え方がなんとなくわかるのではないかと思います。

万が一、のことなどなければない方がいい。だけど何かあった時に家族を守るための費用と考えて、定期保険はしっかり選んでいきましょう。

 - 保険の種類