初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

定期「保険」か、定期「特約」か

      2014/06/07

生命保険の言葉や用語には、通常の意味と違う意味があることがあります。

定期保険の「定期」も、たとえば「定期預金」の「定期」とは意味が違います。定期預金であれば、預けてから一定の期間、預金を引き出すことができない預金の方法であり、その分金利が高く設定されています。満期になれば当然金利を追加した分の預金が全額戻ってくるため、増えることはあっても減ることはありませんし、しっかり元本の保証はされています。

保険の場合の「定期保険」はそれとは違い、一定期間で保険が終了するのは同じなのですが、満期になっても保険料が今まで以上に高くなる更新が待ち受けているだけで、満期で保険料が戻ってくるわけではありません。

その部分を理解しておかないと、定期預金と定期保険は、同じ「定期」のサービスなのだから似たようなもののはずだと考えていると、大きなトラブルの元となります。

では、とりあえず定期保険の意味は理解した、という場合、もう一つ注意したい点があります。

「定期保険」と「定期特約」は何が違うのか、という点です。

自分が加入している保険を理解できていないと、保険の中に「定期」という文字を見つけて定期保険と思い込んでしまうケースがあります。

ですが、実はその保険は実は終身保険で、「定期」の「特約」がついているだけ、というパターンです。「特約」とは、主となる保険契約にオプションとして付加される契約のことを指します。

「定期特約」とはつまり、「定期保険特約」のことであり、主となる契約にオプションとして追加された定期保険契約ということです。

特約はそれ単体では存在できず、あくまで主契約のオプションなので、元となる主契約がなくなれば、特約も同時に消滅します。

一時期ブームになった「定期付き終身保険」は、定期保険特約付き終身保険のことであり、「定期保険」と「終身保険」を別々に契約するのと同じような内容となりますが、それを一つの終身保険契約に特約という形で定期保険のオプションを付けたもの、ということです。

特約のわかりにくいところは、主契約に付与されているために、何がメインの契約であり何が特約部分なのかという見分けがしにくいという点にあり、ある一定年齢を超えると定期特約部分の契約が終了し、受け取れる保険金額が一気に減る、ということも普通にあるため、それが元でクレームになってしまったりすることもあります。

同じ「定期」であっても、預金の場合の「定期」とは違い、同じ保険の「定期」でも、「定期保険」と「定期特約」とではそういう違いがありますので、きちんと見分けをして、何がどう違うのかをしっかり把握しておきましょう。

 - 保険の種類