初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

定期保険における、所定の身体障害時の払込免除

      2014/06/07

生命保険の内容の中に、将来にわたる保険料の払込免除の項目がついていることがあります。

各保険によって内容は様々ですが、定期保険における払込免除は主に、「所定の身体障害時」の払込免除が多いようです。

具体的には、保険の「責任開始日以後に生じた不慮の事故による傷害により、所定の身体障害の状態になった時」などに適用され、それ以後の保険料の支払いが免除されるというものです。

この払込免除が適用された場合、保険がなくなるわけではないのですが保険料の払込はしなくてよくなるため、毎月の負担なしで保険を継続することが出来るようになります。

払込免除の状態で、もし保険期間内に被保険者が亡くなった場合も、通常通り保険金を受け取ることが出来ます。

もし万が一、このような身体障害の状態になって働けなくなった場合、保険料の払込自体がかなりの負担になることが考えられます。その場合に払込免除がなければ、保険料の支払いが滞り、そのまま解約になってしまって最終的に保険金が受け取れなくなる恐れもあります。

払込免除があれば、そういう最悪のケースに対応できます。

同じ条件の定期保険であれば、この点にも注目してみて、もし片方にこの払込免除があり、片方にはない場合は、払込免除がある方が万が一の場合に備えることが出来るため、払込免除ありの保険を選ぶようにしましょう。

もしこれが医療保険やがん保険、三大疾病特約などの場合はまた内容が若干異なり、そうした特定の疾患になった場合に、それ以後の保険料払込が免除になるというものがあります。

定期保険の場合の「所定の身体障害になった場合」という条件よりも実際に起こる可能性が高いものがほとんどのため、必ず払込免除がある保険を選択するようにしたいところです。

 - 保険の種類