初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険外交員・セールスレディは信用できるのか

      2014/06/06

保険に詳しくない立場から考えれば、誰か詳しい専門家に教えてもらい、もっともお勧めの保険に加入するのが最も手っ取り早く簡単な方法です。

だからこそ、自分で考える必要があるネット系生保や通販型生保ではなく対面型の生命保険を選択する方が安心、と感じる人も多いと思います。

対面型の生命保険と言えば、従来からある大手保険会社が多く、知名度から言っても安心感は高いと言えます。

ただ、大きな問題は、そうした大手保険会社の保険外交員、営業社員、セールスレディがそもそも顧客目線でのもっともお勧め保険を提示してくれるかどうか、という点です。

保険会社というもの、そもそも大きなノルマに追われて営業をしている人ばかりであり、保険会社として売りたい商品を主力として中心に案内してきます。これは会社としては当然の流れであるものの、顧客目線であればありがたくないことでもあります。ここに、保険営業のジレンマがあります。

つまり、保険会社としては顧客の望む保険商品だけを販売していたら、利益が伸びません。保険加入を検討している顧客としては、当然のことながら自分に最も適した保険に加入したいと考えています。保険会社としていい顧客というのは、自分たちの思うような保険に簡単に加入してくれる顧客であり、自分の意思をもって「この保険がいい」と主張してくる顧客ではありません。

もちろん保険会社が主力として紹介してくる保険も、必ずしも悪い商品というわけではないのですが、一人ひとり生活環境の違う被保険者にその商品がすべて適しているかと言えばそうでもなく、しっかり案内されている保険商品が自分に適しているのかは、やはり自己責任で判断する必要があります。

もちろん保険外交員も色々で、出来る限り顧客のニーズに合う商品を紹介してくれる良心的な人もいるでしょうし、逆に自分の営業成績のみしか考えておらず、決まった商品しか案内してこない人もいるでしょう。その見分けはなかなか難しいですが、特定の商品のみを一方的に勧めてくるのではなく、幅広い可能性や方法を提示してくれるような外交員は信用できると考えてもいいのかもしれません。

保険を検討する前に保険の外交員や営業社員、セールスレディを検討しないといけないのでは本末転倒のようですが、対面型の保険は人と人との関係も非常に重要なので、しっかり相手を見極められる力を養っておきたいところです。

 - 保険あれこれコラム