初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

65歳満了定期保険と65歳払込終了終身保険の組み合わせ

      2014/06/06

生命保険に加入する場合に、定期保険にするのか終身保険にするのかは永遠のテーマですが、どちらもそれぞれメリットデメリットがあるために、それぞれの特性を生かした活用をしていくのが一番賢い生命保険活用法だと思われます。

まず定期保険は、あくまである一定の年齢まで万が一の際に大きな保険金が受け取れる保障を付けることが目的であり、高齢になってからの高額保険金の受け取りは想定していません。

一つのケースとして、65歳満了の定期保険に加入するとします。定期保険は10年満了、20年満了など、年満了タイプと歳満了のタイプとがあり、年満了の方が期間が短く、長く続けるためには更新が必要になるために保険金はかなり安く設定されています。歳満了タイプの定期保険は、更新がないために一定年齢までは一定額の保険料を支払っていけばよく、更新による保険料の高騰を考えなくていいというメリットがあります。

安定して65歳まで定額を払っていきたい、という場合は、65歳満了型の定期保険に加入します。仮に保険金は1500万とします。

そうすると、65歳までは万が一に備える1500万の保障ができるため、とりあえず家族に対する保障ができます。

ただ、これだけでは65歳を超えた場合の保障がまったくありません。65歳で定期保険は終了となり、もちろん解約返戻金もない定期保険なので、何の保証もなく残りの余生を送っていかなければならなくなります。

ということで、ここでもう一つ、終身保険を考えます。

終身保険も、保険料を一生涯払込するタイプと一定年齢で払込を終了するタイプとがあります。ここでは65歳払込終了タイプを選択します。

保険料は65歳まで払っていけばよく、その後は払込はありません。保険によっては特定の疾患になった時にそれ以後の保険料の払込免除が設定されているものなどもあります。

受け取ることができる保険金は、定期保険よりも少額に設定します。1000万円を超えるような保険金が受け取れる終身保険となると、毎月の保険料もかなり高額になってしまうため、終身保険は最低限の保険金が出る形で抑えます。500万円程度であれば保険料一万円前後で抑えることも可能で、もう少し保険金を下げれば、一万円以内でまかなえます。

そうすれば、トータルでも2万円超えない程度で65歳までの1500万円の定期保険と、一生涯の終身保険500万円の両方である程度の保障が出来上がります。

65歳までは定期終身合わせてトータル2000万円の保険金が受け取れますし、65歳以上でも500万円の保険金は最低限もらえるということで、ある程度の役割を果たしてくれるのではないでしょうか。

あくまで一つの例ですが、こういう形で、目的に沿いながら保険金額と保険料などを比較して見積もりしていくと、最適な自分なりの保険の形が出来上がります。

病気に対する不安があるのであれば、そこに医療保険を追加してもいいと思います。足りないと思えば定期保険を他に追加してもいいかもしれません。方法はいくらでもあります。

色々なパターンで、自分なりの保険の形を検討してみましょう。

 - 保険選びと見直し