初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険料を支払えなくなった場合の対処方法

      2014/06/06

保険における保険料の支払いは基本中の基本であり、保障を受けるにあたり必要なことではあるのですが、その保険料が生活水準の変化によりもし払えなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

保険に加入した時は給料もよく多少の保険料は負担にならなかったけれども、徐々に給料が減ってしまったり、職を変えて収入が減ったり、もしくは子供が生まれて支出が増えたために保険料が大きな負担になってしまうというようなケースが考えられます。

そうした環境の変化のせいで、どうしても保険料が払えなくなってしまったという場合、やはり根本的な保険の見直しが必要となってきます。

もし加入している保険が定期保険であれば、どちらにしても支払ってきた保険料は掛け捨てと考えれば、途中解約をしたとしてもそれほど痛手ではないと思われます。逆に現在の生活水準にあった保険に変えることで、保険料を劇的に下げることもできますので、メリットの方が大きいと言えます。

それに対して、加入している保険がもし終身保険、特に低解約返戻金型の終身保険であれば、途中での解約は返戻金があるとはいえ満期まで支払った際に受け取れる返戻金と比べれば少なめであり、どうしても損をしてしまう部分は出てきます。ただ、そうだとしても支払えないものは仕方がないので、損を覚悟で解約をし、さらに保険金額を見直しをして、生活の中で負担にならない程度の保険料になるように保険を組み直す必要があります。

本当に必要な部分がどこなのかをしっかり見つめ直せば、実はそれほど高くない保険料で十分すぎる保障を得ることも可能です。

さらには、非喫煙健康優良体の人であれば、そういう人たちを対象とした格安の保険もありますので、それらを活用して保険料を抑える方法もあります。

まずは保険よりも目の前の生活が大切なのは言うまでもありませんので、保険料が支払えない場合は、確実に保険を見直しをするようにしましょう。

 - 保険選びと見直し