初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険の契約をやめたい・解約したいと思ったら

      2014/06/06

生命保険にしても医療保険にしても、長期間利用していく保険なので人生における方向性が変わったり転機が訪れたりすることにより、今まで必要と思われていた保険が急に必要なくなったり、やめてしまう必要が出てきたりすることもあると思います。

そういうときに、保険を途中解約したい、やめたい場合はどうしたらいいのでしょうか。

まずその保険に加入する際にどうやって加入したかによっても違います。

ネット系、通販系保険であれば手続きとしては簡単で、申込み時と同様にインターネット上で解約申請をすると、解約請求書などが送られてくるため、書面に記入し、必要書類を用意してまとめて送付することで手続きが完了します。

インターネットからの申請のやり方がわからなければ、保険会社の問い合わせ窓口であるフリーダイヤルに電話をしてもいいでしょう。速やかに書類送付の手続きをとってくれますので、あとはその到着を待って記入後、返送するのみです。

解約手続きが面倒になりがちなのは、そうしたネット系通販系よりも、訪問営業型の保険です。つまりは従来型の営業販売を続ける大手保険会社です。

もちろんそうした保険会社も、速やかに手続きしてくれるところもあります。しかし、なかなか解約をさせてくれないケースがあるのも事実です。

解約抑止をされる理由としては、解約する時期によっては営業社員の給与や成績に直結したりペナルティが発生したりするというのが大きな理由です。

そういう保険を解約したいと考えた場合、通常は当然のことながらその担当に連絡をすることと思われます。そうなると、そこから解約抑止のための再営業が始まります。

色々な営業トークを使って解約しない方がいいとなだめ、さとし、時には脅すようなことをいう担当もいるかもしれません。

まだ解約を悩んでいる段階であれば、そうした話に耳を傾けてもいいかもしれません。ただ、気持ちとしてはフラットな気持ちで、公平な目を意識して聞かないといけません。本当に自分にメリットがある提案をしてくれているのかどうか、ただその担当の利益のためだけにあることないこと理由を作り出しているだけなのか、見極める必要があります。

もしそうした手間が不要なくらいに解約の意思が固く、もはや決定した事項なのであれば何も話を聞く余地はありませんので、その旨をしっかり伝える必要があります。

そもそも営業社員に連絡することなく、直接保険会社の電話窓口に連絡をしてもいいでしょう。その方が、煩わしい解約抑止を受けなくてすみます。

ただ、保険会社によっては、事態を察して担当から連絡させようとすることもあります。そうなると元の木阿弥でわざわざ電話窓口にかけた意味がなくなります。強い意志をもって、その必要はないということを伝え、速やかに解約請求書を送るように声高に言えばいいと思います。

解約をなんとか止めようとする力に対しては、曖昧な態度を取らず、毅然とした態度で既に決まったことであり何があってもその気持ちは揺るがないという姿勢を示す必要があります。そこまですれば相手も諦めがつくでしょう。

どっちつかずの態度では、付け入るスキを見出されてしまい、どうにかして思いとどまらせようという力が強くなるばかりです。

解約と決めた際には、はっきりした態度でしっかり解約する。これが大切です。

解約後、解約返戻金がある場合は、後日指定の口座にその金額が振り込まれる形となります。

 - 保険あれこれコラム