初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

昼休み、会社に訪問する生命保険営業社員の話

      2014/06/06

サラリーマンとして働いている人は、仕事中に、会社に保険会社の営業社員が営業で訪問している場面に出会ったことがある人は多いのではないでしょうか。

当然のように会社に入ってくる保険会社の営業に、不思議なものを感じたことがある人もいるかもしれません。

このようなケースで考えられるのは、一つは会社自体が保険会社と何らかの関係や取引があり、社員に対する営業を認めているケース。

もう一つは単純に飛び込みで会社に営業にきて、上の承諾を得て会社の社員に対して営業しに来ているケース。

どちらにしても、仕事中に保険の話などを持ちかけられるのは違和感があるでしょうし、貴重な昼休みなどをそんな用件で消費するのも煩わしいと感じる人も多いはずです。とはいえ、会社として取引があったりする場合はあまり邪険にも扱えないために、対応に苦労する場面もあるでしょう。

営業に来る人の能力次第では、その会社の社員と打ち解け、うまく保険の契約を増やす人もいるでしょうし、社員の中には義理で保険に加入する人もいると思われますが、そんなケースは稀です。

 

ただ、そうした企業への保険営業も、曲がり角に差し掛かっているようです。

最近は企業のセキュリティが非常に厳しくなり、昔のように自由に出入りできなくなってきていたり、やはり職場に訪問してくる営業社員はありがたがられるよりも煙たがれることが多く、四面楚歌の状況になってしまったりもします。アンケート用紙を配っても記入してもらえず、話も聞いてもらえず、資料を配布するだけで終わってしまうなんてことも。

営業である限り、資料やパンフレットを配布することが仕事ではなく、契約を取ってくるのが仕事なわけなので、そんなことばかりしていてもまったく利益にもなりませんし自分の給料も増えません。

結果、早期に退職する人が後を絶たず、なかなか安定して残っていける人は増えていきません。人が辞めれば保険会社としてはまたさらに新しい人材を募集し育てなければならず、ここでまたコストが無駄にかかり、そのコストはそのまま訪問営業型保険会社の保険料へと跳ね返ってきます。

そうなるとますますネット系生命保険会社との保険料格差は広がり、顧客の流出に繋がっていきます。

時代の流れに乗れないままでは、大手といえども今後かなり苦しい戦いを強いられていくのかもしれません。

 - 保険あれこれコラム