初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ネット型保険加入者の保険理解率の高さ

      2014/06/06

「あなたは今、自分が加入している生命保険や医療保険の種類や保障内容を正確に理解していますか」と質問された場合、一体どれだけの人がYesと答えられるのでしょうか。

理解しているつもりでも、いざ質問をされると思ったよりも理解していなかった、ということは保険に限らずよくあることです。

人間、何度か聞いただけでは理解はなかなか深まらず、その内容を人に正確に説明できるようになって初めて本当に理解した、と言えます。

保険も、営業社員やセールスレディに説明を聞いただけではまったく理解できていないことがほとんどです。仮にその場では理解していたとしても、多くの人は生活の中でそんな保険の話などすぐに忘れてしまい覚えていません。覚えていないということは理解していないのと同じことです。

保険に対する理解の深さを調査したところ、訪問営業型の保険に加入している人とネット系保険に加入している人では、その理解力に大きな差が出るそうです。

理解が深いのはやはりネット系保険に加入している人たち。

何故なら、自分で調べ自分で申し込みをしているため、当然多くの人がしっかりと細かい内容まで確認をし、自分で理解した上で申し込みをしているからです。

一方で理解度が低い訪問営業型生命保険に加入している人たちは、その内容の多くをセールスレディや営業社員にまかせっきりにしているケースが多いようです。

もちろんそれでも悪くはないのですが、当然のことながらそれでは相手の思うままであり、実はもっと安く抑えられるはずの保険料を無駄に多く支払っているケースが多いのはこのパターンです。

見直しもしっかり定期的に行っている、というのも本当の見直しになっていない見直しだったり、見直しをしたと思ったら不利な方向へ転換させられていたりということも十分あり得る話なので、全く理解が深くない状態で安易に保険に加入したり営業社員任せの見直しをしたりするのはおススメではありません。

ある程度の資料を集め、保険の予備知識程度はつけた上で対処するのが一番賢い消費者になる方法であり、無駄な出費を減らして本当の保険選びや見直しを実施するための最低条件と言えるのではないでしょうか。

 - 保険あれこれコラム