初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

よくわからない生命保険には入らないというシンプルな意識

      2014/06/06

この保険はよく意味がわからないのだけれども、知り合いや保険の営業担当にお勧めと言われたから検討している、という話をよく聞きます。

多くの人が加入していておススメというのであれば、確かにお勧めな保険なのかもしれません。

ですがそれでも、自分で理解できない保険には加入するべきではありません。

よくわからないけれど、まぁこれでいいや、という見切り発車をするには保険は高額すぎます。

10年、20年、長ければもっと加入し続ける保険は、総額で見るとかなりの高額商品です。そんな高額商品を選択するのに、わからないまま曖昧なまま購入を決意するというのは、かなりのリスクと言わざるをえません。

そもそも生命保険はそんなに難しいものではなく、一言でいえば「決められたお金(保険料)を毎月払っていけば、自分が亡くなった時に家族は大きなお金(保険金)がもらえますよ」というものです。

その支払っていく期間だったり、受け取ることができる金額だったり、その保険の適用期間だったりが保険の種類や内容によって異なるだけで、基本は極めてシンプルです。

逆に言えば、そうしたシンプルな保険をまずは検討するべきなのです。初めから複雑な特約や利率などが絡んでくるような難しい保険を検討する意味はまったくありません。

そうした保険がそもそも必要なのかすら理解できていない状態であれば、そういう保険は必要ないということなのです。

だからこそ、生命保険加入時にもっとも大切なのは、保険に加入する目的を明確にすることであり、どういうときにどうしたいから保険に加入したいのかということをはっきりさせれば、何が必要で何が必要でないかは明らかになっていくものです。

とにかく保険はシンプルに。

必要なものが増えたなら、あとから追加すればいいだけの話です。

初めからわからないまま特約を大量につける必要はありません。車が欲しいのであれば車だけ購入すればいいのです。余計なオプションをはじめからつけなくても、必要な時に必要なものを追加購入していけばいい話です。

そういう意識だけ持っていれば、生命保険がそれほど難しいものではないということがわかってくるのではないでしょうか。

 - 保険あれこれコラム