初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

特約/初心者でもわかる保険用語

      2014/06/06

保険において「主契約」に対して存在する言葉が「特約」です。

メインとしての主契約に付属してオプションとして保障内容をさらに充実させたり、通常の契約とは異なる特別な内容を約束する目的で付加することができる契約です。

前者のケースが例えば「定期保険特約」などを指し、後者の例としては「リビングニーズ特約」などを指します。

かつて保険会社の主力商品だった「定期付き終身保険」などは、終身保険に「定期特約」を付けている保険であり、「アカウント型終身保険」も定期特約を付けている形の保険です。

つまり主契約だけでは保険の内容としてカバーしきれない部分をも、特約をつけることによってカバーすることが出来るという特別なオプションとなっています。

「定期付き終身保険」であれば、終身保険だけでは万が一の大きな保険金を受け取るためには保険料もかなり高額になってしまいます。そのため終身保険部分を最低限に設定し、定期特約部分を厚くすることによって一定期間の間は定期保険としての機能が付与され、保険料は安く、保険金は大きくすることが出来るという理想的な保険となっています。

ただ、主契約としての終身保険としての保険料は少なめに設定されているため、定期特約が終了したあとの終身保険として受け取ることができる保険金額は、定期特約時と比較するとかなり少額になるという点で、利用者が混乱しクレームにつながることも多くなっています。

つまりは終身保険と定期保険を別々に利用しているのと同じような意味合いになるだけの話であり、本来二つに分けられる契約内容を、主契約と特約として一つの保険の中に放り込んだ形です。

特約の中には内容も特別難しくもなく非常に役立つものもあれば、定期特約のように理解できていないと混乱を招くものもありますので、保険に加入する際はしっかり主契約と特約の内容や違いを把握しておきましょう。

 - 初心者でもわかる保険用語