初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険料・保険金/初心者でもわかる保険用語

      2014/06/06

保険料と保険金では、非常に似た表現ではありますが、それぞれ意味合いはまったく違います。

保険料は毎月被保険者が保険会社に対して支払う料金、賭け金のことを指し、保険金は実際に保障の対象となる事態が発生した時に、実際に保険会社から被保険者に対して支払われるお金のことを指します。

この保険料と保険金の区別がつかないと、保険について理解することは不可能なので、どちらが保険料でどちらが保険金なのか、明確に理解しておく必要があります。

被保険者にとっては、保険金は少しでも多いに越したことはないですが、保険料は安く抑えたいものです。

また、保険金は給付金と呼ばれることもあります。

例えばミステリードラマなどで、保険金事件などは聞いたことがあっても、保険料事件などはきかないと思います。どちらがどちらか判断に迷ったら、そういう連想をしてみてもいいかもしれません。

通常保険に加入する際、まずは必要保障額を確認し、それに応じて万が一の際に必要な「保険金」を考えます。その上で、その保険金をもらう保険に加入した場合、毎月の「保険料」がいくらになるのかを確認し、比較検討して保険会社を選ぶ形になります。

保険金に対する保険料は、保険会社によって様々です。だからこそ加入者としてはあらゆる保険を比較検討して選び抜く必要があります。保険金が同じであれば、毎月の保険料が少しでも安い方が加入者としてはお得だからです。

保険料は通常、予定死亡率や予定利率、予定事業費率などによって算出されているため、死亡する確率の低い若い人や健康な人、喫煙をしない人などがより安くなるようになっています。

健康にリスクがあったり、高齢だったり、喫煙を常時している人は、そのリスクの分だけ多くの保険料を支払う必要があったり、内容によっては保険の引き受けを断られることもあります。

その他、営業人員を多く抱える訪問営業型の保険会社の方が、人的コストが安くなるネット系保険会社と比較して一般的に保険料は安くなる傾向があります。

保険金と保険料、その区別をしっかり把握した上で保険に加入するようにしましょう。

 - 初心者でもわかる保険用語