初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

終身保険を資産運用や年金、学資保険に活用する

      2014/06/06

終身保険には解約返戻金があり、貯蓄機能を備えていることから、その特徴を利用して学資保険代わりに利用したり、個人年金保険代わりに活用する人もいるようです。

貯蓄代わりにするケースとしては、たとえば子供に予想外の出費が発生した場合などに終身保険を解約し、返戻金を受け取ってそれを当座の資金に充てるということもできます。

ただ終身保険にも色々な種類があり、一般的に定期保険と比較すると保険金は少なめで、かつ保険料も高めです。掛け捨てになる定期保険とはこの点が異なり、目的に応じて定期保険とは使い分けをしていく必要があります。

人気がある終身保険は、低解約返戻金型の終身保険で、一定期間、もしくは払込満了までの間、解約返戻金を少なくする代わりに、保険料を安く設定してあるタイプの保険です。

出来る限り保険料を安く抑えたいと考えるのが加入者の心理なので、その意味で低解約返戻金型は人気を集めているようです。

ただもちろん、途中で解約をすると元本を大きく割れてしまうため、絶対に途中解約をしないという前提で申し込みをした方がよさそうです。

学資保険代わりなどにも活用したい場合は、多少保険料が上がったとしても、途中解約時に極力損をしないタイプの終身保険を選択したいところです。そもそも途中解約が前提であればあえて終身保険にしない方がいいケースもありますので、そこは注意が必要です。目的を明確にしないと選択を誤ってしまいます。

予定利率の高い終身保険であれば定期預金よりも有利となり、資産運用目的で活用する人もいるようです。

ここ数年の円高局面を受けて、円建てではなく米ドル建ての保険なども人気であり、歴史的円高局面で加入した保険は、最終的に加入時よりも円安になれば為替差益を得ることもできますので、2013年のアベノミクス以前まではかつてないチャンスだったのかもしれません。

ただ、そうした完全なる資産運用が目的になると保険とは分けて資産運用するのが正解と思われるため、保険における運用利益にあまり大きな期待は持たないようにした方がいいかもしれません。

 - 保険の種類