初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生活リスクのすべては保険でカバー

      2014/06/05

日常生活におけるありとあらゆるリスクに対応できるように保障してくれるのが保険です。

人そのものの命に対するリスクヘッジとしては生命保険があり、一家の大黒柱の万が一の際の保障をしてくれます。

人の健康に対する保障としては医療保険があります。万が一病気になったとしても、入院費用や手術費用を保障してくれ、治療に専念できる環境を提供してくれます。

住んでいる住宅に対しては火災保険があります。地震に対する補償もつけることができ、自宅の火災だけでなく近隣住宅からの類焼などにも対応できるように補償してくれます。

子どもが生まれたら、子どもが成長するまでの学費の積立をする必要があります。その積立の保険として学資保険があります。親である自分の身に何かあった場合でも、最低限子供に満足できる教育を受けさせるための積立を保障します。

自動車を運転する場合には、必ず自賠責保険に加入しますが、その自賠責で補いきれない部分や個人賠償責任保険などを、民間の自動車保険で補てんします。自動車事故は、何よりも身近であり、誰もが経験する可能性があるトラブルであるために、しっかりした補償が必要です。

それ以外にも各種様々な保険があります。大手保険会社では対応しきれない細かい部分を保障してくれる保険としては、少額短期保険が活躍の場を広げています。

些細なことでも、今は保険で保障してくれるのです。目的にあった保険が存在しないのか、色々と探してみるといいかもしれません。

そうすることで、生活のすべてを保険でカバーすることができるようになります。何があっても保障があるから大丈夫、という全幅の安心のもと、生活を送ることが出来ます。

ただ、一つだけ考えてほしいのは、保険はあくまで万が一の保障であり、「万が一」のケースがどれだけ起こるのかはまったく未知数です。

すべての保障を網羅して安心の生活を送ることが出来たとしても、最終的に何も起こらなければ、結果論ですが保険料ばかりがかさんでしまい、金銭的には大きなマイナスになってしまいます。

毎月の生活を圧迫するほどの保険をかけた上での安心に、どれだけの意味があるのかは考える必要があります。

あくまで保険は、起こってしまとどうすることもできなくなるケースにのみつけるというスタンスが大事なのかもしれません。

 - 保険あれこれコラム