初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

学資保険の利回りを増やす技がある

      2014/06/06

保険の中でも、貯蓄性を考えて利用する人が多い保険は、養老保険、終身保険、そして学資保険です。

養老保険は自分たちの老後のため、終身保険は老後や葬式費用などのため、学資保険は子供の教育費用のための保険となります。

貯蓄と意味合いは同じであり、子どもが成長した時に教育費用が高額になってきても貯蓄がない、という事態を防ぐために、強制的に貯蓄していく形となる学資保険はそれだけでもメリットがありますが、それに加えて定期預金などと比較した際の返戻率の高さには注目したいところです。

たまに、どう計算しても満期まで払込したあと帰ってくる積立金が払込金額を下回っているというケースでは、学資保険に別の特約が付いているケースが多いようです。

あまり必要のない特約をつけて、その特約部分が掛け捨てになってしまえば、当然のことながら支払った保険料よりも戻ってくる積立金は少なくなります。ここは非常に重要なので注意したいところです。

貯蓄が目的であるのに、掛け捨てになる特約を付けてしまっては本末転倒です。

ともかく、その利回りの良さから、学資保険は途中解約さえせずにしっかり払込していけば、まったく損をすることがない保険となっています。しかも定期預金よりも金利もよく、定期預金では考えられない返戻率で満期金が戻ってきます。

しかもその返戻率をさらに上げる技があります。

保険料の払込期間を5年や10年と短めに設定をすると、その分返戻率が上がり、さらに月払いではなく年払いにすると返戻率が高くなる傾向にあります。

そうすることで、通常110%程度の返戻率が120%を超えたりします。

現在(2014年)の利率であれば、定期保険では考えられない返戻率です。学資保険は、うまく活用すればその分返りも多くなりますし、資産運用としてもローリスクで比較的リターンも大きくなりますので、子どもの教育費用の不安があるのであれば、是非検討してみてもいいかもしれません。

 - 保険の種類