初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

養老保険には何のメリットがあるのか

      2014/06/06

生命保険の中で、定期保険や終身保険と比べて意味合いがつかみにくい養老保険。

満期時に保険金と同額の満期保険金を受け取れる保険であり、貯蓄性に富んでいます。貯蓄性が高いがゆえに毎月の保険料はその分高く設定されており、定期保険よりも終身保険よりも保険料は高くなります。

普通に貯蓄するのと何が違うのかというと、被保険者が契約期間内に亡くなった場合、以後の保険料は免除となり、満期金と同額の保険金を遺族がもらうことができるという点です。

終身保険との違いとしては、終身保険はより保障としての意味合いの方が強く、貯蓄を兼ねた保険ですが、養老保険は貯蓄の意味合いの方が強くなっているため、保険を兼ねた貯蓄、という感じです。

貯蓄をメインとして被保険者の死亡保障を兼ねている点を見ると、学資保険と構造が同じであることがわかります。使い方によっては終身保険や学資保険が養老保険の役割を担うため、昨今は養老保険を取扱いしている保険会社は減ってきているようです。

保険加入者側としてとりあえず気を付ける点としては、途中で解約をして返戻金が元本を割れをしてしまうようなケースくらいなので、人生設計に合わせて、確実に途中解約することのない状態で養老保険には加入したいところです。

貯蓄として考えるのであれば、定期預金などと比較しても圧倒的に返戻率がいいため、長く解約することがない資金で保険の機能も兼ね備えて資産運用を同時に行いたいというときにはもっとも適した資金の活用方法とも言えます。

ただ、高い保険料を長い期間払い続けるというのは、将来戻ってくるお金だとわかってはいてもなかなか難しいものでもあります。

どうしても人生の途中でまとまった資金が必要な機会が訪れてしまった場合、養老保険を解約して資金にあてるということもあると思います。そうなると、普通に貯蓄をしていた方がよかった、という展開になってしまいますので、長い期間大きな金額を払い続ける養老保険は、ある種賭けの要素もあると言っていいかもしれません。

目的は何か、リスクはどれだけあるのか、メリットがどのくらいあるのか、すべてを勘案した上で加入するようにしましょう。

養老保険のメリット

・貯蓄性が高く、満期後の返戻率が定期預金などよりもかなり高い。

・死亡保障も兼ねている

 

養老保険のデメリット

・保険料が高い

・途中解約をすると返戻金が支払った保険料を下回る

 - 保険の種類